18きっぷの利用術18ヶ条。基本からかゆい所までをまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年冬の青春18きっぷの発売開始まで2週間を切りました。
こちらの記事では、これから18きっぱーになるかた向けに、れなりにわかりやすく青春18きっぷについて解説してみました。このルールについては、あまり数年前とは変わっていない気もしますが、改めてみていただけたら幸いです。

それではどうぞ!

【青春18きっぷ利用18ヶ条1】

JR全線の普通・快速列車、新夕張~新得(北海道)蟹田~木古内(青森県・北海道)青森~新青森(青森県)宮崎~宮崎空港(宮崎県)のみの特急自由席、宮島航路、青い森鉄道線の一部が乗車可能。

【青春18きっぷ利用18ヶ条2】

たとえ事前に計画してルートが予め完璧に決まっていたとしても、時刻表は必携。天災、人身事故、車両トラブル、自身の体調不良、寝過ごしなど、18きっぷ旅は人生と同じで何が起きるかわからない。

【青春18きっぷ利用18ヶ条3】

計画したルートの1本後ろの列車と、1日に何本ぐらい列車が走るかをぼんやりと把握しておく。仮に列車が混雑して乗車する気が失せた場合「まあ、次の列車でいいか」という余裕が生まれる。

【青春18きっぷ利用18ヶ条4】

忘れ物をなるべくに防ぐために、荷物は最小限に。18きっぷ旅に必要なのは「着替え」「財布」「時刻表」「携帯電話」だけ。着替えもコインランドリーを利用すれば最小限で済む。

【青春18きっぷ利用18ヶ条5】

もし乗り換えに失敗したら、次の列車の時間を調べてからその駅で何があるか探索。新しい発見と出会いがあるはず。駅前にコンビニがある、という発見だけでも大きな収穫。

【青春18きっぷ利用18ヶ条6】

夜行快速ムーンライトながら・信州で騒がない。18きっぷで楽しく旅をしている乗客だけとは限らない。眠りたい人の方が多いので注意。

【青春18きっぷ利用18ヶ条7】

列車の運休・遅延が起きた時は「次の列車はいつ到着か」「迂回ルートはあるか」「ワープは必要か」「周辺に宿泊できる施設はあるか」を素早く把握する。

【青春18きっぷ利用18ヶ条8】

夜行快速ムーンライト以外にも、深夜移動できるバス、船などの交通機関がある。それらを利用すればホテル代が浮く。

【青春18きっぷ利用18ヶ条9】

寝過ごし防止策として、スマホのアラームをセットしてイヤホンから音が鳴るようにする。設定はスヌーズで到着10分前。終着駅までの乗車であっても、そのまま折り返し運転の場合もあるので寝過ごしには要注意。

【青春18きっぷ利用18ヶ条10】

スマホを所持している場合、紛失時の対策アプリをあらかじめ設定しておく。iPhone→Find My iPhone Android→Android Lost

【青春18きっぷ利用18ヶ条11】

余った18きっぷは金券ショップに売却するよりも、友人知人・SNSを通じて定額で譲るほうが旅の思い出で話が盛り上がって良い。金券ショップは、あくまでも4回分以下の入手に使用が吉。

【青春18きっぷ利用18ヶ条12】

18きっぷには基本的に救済措置がない。遅延が発生しても特急や新幹線、バスには振替乗車できないと考えておくこと。

【青春18きっぷ利用18ヶ条13】

海沿いの路線は景色も美しく旅向けではあるが、強風(特に冬の場合は嵐や吹雪)で遅延しがち。そのリスクを頭の片隅に入れておくこと。

【青春18きっぷ利用18ヶ条14】

余剰資金は財布とは別に必ず持っておくこと。ATMの稼働時間が限られている地域も多く、特に土日は地方の信金やゆうちょが動いていない場合もある。余剰資金の目安は1日あたり5千円(個人差あり)

【青春18きっぷ利用18ヶ条15】

グリーン車”自由席”はグリーン券を買えば乗車できるが、グリーン車”指定席”はグリーン車を買っても乗車不可。

【青春18きっぷ利用18ヶ条16】

旅先で買った大きなお土産は、(特に長旅の場合)まとめて自宅に発送する。持ち歩き続けると人や物にぶつかって凹んだり傷んだりするので、積極的に活用。

【青春18きっぷ利用18ヶ条17】

乗り換え案内は、あくまでも目安に。大体どれぐらいの時間がかかるのかを調べるのには最適。そこから自分向けのルートにアレンジして行くと上手くルートが組める。

【青春18きっぷ利用18ヶ条18】

あると便利なアイテム

■トリプルタップ…スマホとカメラをまとめて充電。

■モバイルバッテリー…電子機器は充電がなくなったらタダの鉄クズ。

■圧縮袋…着替えがかさ張らない。

以上です。あとでちょっと補足を入れるかもしれません。

学生さんはそろそろ冬休み。

青春18きっぷシーズンもいよいよ本格化ですが、

トラブルや失敗がないように、ぜひ楽しく旅行してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*